キャッシング

銭夫のキャッシング


メニュー
銭夫のキャッシング TOP海外のキャッシング三菱東京UFJ銀行カードローン消費者金融の無人契約機信販会社のカードローン総量規制対象外のキャッシング365日キャッシング来店不要のキャッシング

「銭夫のキャッシング」では、キャッシングの審査や来店不要で即日融資できる金融会社の紹介、海外でキャッシングする方法、無人契約機の情報などなど、キャッシングに関する情報を提供していきます。


即日融資キャッシングは最初が肝心

多くの消費者金融や銀行は、顧客サービスの一環として申込のあった日にキャッシングができるような体制を整えています。

俗に「即日融資」と言われているものですが、かなり慌ただしい手続になるため、時間との闘いになります。特に振込の方法での即日融資は、銀行の振込時間に制約があるため、ちょっとしたミスなどで即日融資ができなくなります。

クレジットカードの支払日に申込をして即日融資を受けようとした場合は、前日から申込入力と送信をした方が賢明です。病院などの受付同様に「早い人から」処理をしていくのです。通勤時間帯の電車の中から申込をしてもいいのですが、前日から申込をしている人の方が先着です。

また、スマホからも消費者金融のキャッシングは申込ができますが、画面などが小さいため入力ミスが多く発生しています。ミスした場所が住所氏名だったりすると、信用情報機関からデータを照会することができません。審査が進まなければ即日融資はできないのです。 ブラックリストに載ってしまった人が、他人に成りすまそうとして、ちょっとだけ住所氏名を変えて契約しようとする例は昔から絶えません。そのような人だと疑われてしまうと話がややこしくなります。 消費者金融も銀行も、審査結果を知らせるまでの時間を競っていますが、「最短」という文字があることは忘れてはいけません。最短時間で審査が週利用する人は、申込内容を審査した結果、特に問題がなくてコンピューター審査だけで審査を終わることができる人なのです。

コンピューター審査だけで終わるとしても、運転免許証で本人確認を行い、勤めている会社などに電話をすることで在籍確認を行い、かつ契約内容の確認を最終的にしていると30分から40分程度時間がかかるのです。 何か問題が生じると、追加手続が必要になりますから更に時間がかかります。早い時間帯に申込をしていればいいのですが、お昼頃に申込をしていると即日融資ができない可能性があります。

ちなみにクレジットカードでもキャッシングサービスはありますが、クレジットカード自体の即日発行ができないケースが多いので、即日融資も無理です。ただし、流通系のクレジットカードであれば、店舗での即日発行が可能です。この場合、キャッシング枠の希望をすると審査が遅くなり、往々にして即日発行ができません。そのため、クレジットカードのキャッシング枠を使った即日融資はできないと考えた方がいいでしょう。

※即日融資のキャッシング・カードローンに関する情報は以下のサイトを参考にしています。
情報元:カードローンのアコム
情報元:即日キャッシングは申し込む時間帯に注意 - お金を借りる 即日融資・即日審査可能キャッシング一覧


綿密なスケジュールが崩れないようにキャッシング

即日融資を見込んで申込をする人の中には、大手消費者金融が実施している1か月間の無利息期間をあてにしている人がいます。ボーナスの日から逆算して、クレジットカードの支払日を1か月前にし、更に支払日に対応する期間の初日に買い物をすればと考えているのです。ピンポイントで買い物をするわけです。

このような方法を取ることで、最大3か月程度は支払を繰り延べることができます。そんな面倒なことをしなくても、最初からボーナス払いにすればいいじゃないかという人もいるでしょうが、大手量販店でも手数料アップを嫌がり、案外ボーナス払いができない店舗が多いのです。 ただし、この方法は相当綿密なスケジュールで計画を立てていますから、どこかで躓くと大変なことになります。特に、即日融資が失敗すると一発でクレジットカードの支払遅延になりますから要注意です。

もちろん、無計画に借入をする人よりは、ずっと安全でしょうが、結構危ない橋を渡っているとも言えるのです。このような人は、前日に自宅のパソコンからじっくりと入力をした方がいいでしょう。その日の朝に申込をすると慌ただしいものです。 前日に申込をすると無利息期間の開始日がどうなるのかと不安に思う人もいるようです。しかし、消費者金融の無利息期間は契約日の翌日から開始となっています。消費者金融の利息計算は貸付日の翌日からスタートしますし、契約しなければ貸してくれないのです。 無利息期間を申込日からスタートしていると思っている人がいるようですが、そんなことはありません。安心して前日に確実な申込入力をしてください。


必ずしも全員即日融資キャッシングができるわけではない

とはいえ、必ずしも申込をした人の全員が即日融資をゲットできるわけではありません。特に申込書にミスがなくても、過去に支払遅延の事績があった場合には審査が止まる場合があります。

1回程度の支払遅延であれば、特に問題視されることはないようですが、ブラックリストに載らない程度の支払遅延が散見されるようだと審査が止まり、担当者から電話があるケースがあります。

この場合は特に不安がる必要はありません。コンピューター審査では対応できないため、担当者による審査に切り替わっただけです。ただし、コンピューター審査のように30分とか40分で審査が終わるようなことはありません。時間のロスになるので、振込による即日融資を希望する場合は問題になりかねません。申込時間が早ければいいのですが、そのような人に限って遅めのギリギリの時間帯に申込をしてくることが多いのです。

申込時間が遅ければ、即日融資は難しくなりますが、今までのクレジットカードなどの利用状況によってはこのようなことになりかねません。改めて言うまでないのでしょうが、日ごろから信用情報に傷がつくようなことがないように気を付けることが大切です。


ローンカードは夜遅くてもOKだが・・・

即日融資の方法はローンカードを利用する方法と、振込の方法があります。 どちらの方法でもいいのですが、振込であれば時間制限があるわけです。しかし、ローンカードの場合は特に時間を気にすることなく、無人機店舗が開いている時間までに取りに行けば大抵併設されているATMでキャッシングが可能です。 振込の場合は、時間制限だけではなく1点だけ注意点があります。 消費者金融のキャッシングをする際には、貸付条件などの明示をする必要があります。ATMで貸付をしたり、ネットなどから振込依頼をしたりする際は画面などに表示されますが、最初の振込時だけはそのような表示をすることができません。

コンビニATMでキャッシングした場合も同じなのですが、消費者金融からキャッシングをした内容を記載したハガキが届きます。家族と同居している人にとっては、このような郵便物が来るとかなり面倒なことになることもあります。申込確認の際に消費者金融の担当者に確認する必要があります。

ローンカードは夜遅くてもOKですが、無人機併設のATMと違い午後9時から10時がリミットです。残業などで帰りの時間が遅くなってしまう際は要注意です。ローンカードが受け取れなければキャッシングはできないのです。